ARAGO for Internet Wiki Project AkuAku

This web site is powered by Arago for Internet v7.0 UTF-8 edition on FreeBSD
SPC main menu Expand/Fold
Products 取扱商品 Expand/Fold
SouthWind  Expand/Fold
Q&A Technical support Expand/Fold
BBS 掲示板 Expand/Fold
Easy PC life Expand/Fold

Last Edit Date: 09/02/2008
光回線、ADSL回線につなぐ

PPPoEは外部の光、XDLなどの回線に接続するためのプログラムです。 常時接続の場合は、回線が切断されても回復できなければなりません。

PPPoEを使うためにはkenelのリコンパイルが必要です。 FreeBSDのインストールで解説しています。
ifconfigでtun0が存在するか見てください。


現在のディレクトリで次の内容のファイルを作成します。
次のファイルの中で、自分の環境に書き換える箇所があります。

set device PPPoE:に続くfxp1を、光/ADSL回線側のethernet device名にしてください。


ifconfigで見ることが出来ます。

set authname xxxx@xxx.ocn.ne.jpをサーバーの契約アカウント名に変更してください。
set authkey xxxxxx ispから指定されたパスワードに変更してください。
MRU MTU のサイズ 1454はOCNの指定サイズ
PPPOE

/etc/ppp/
に次のファイルを作成
#PPPoE for ADSL
#/etc/ppp/ppp.conf
default:
set device PPPoE:fxp1
set speed sync
set MRU 1454
set MTU 1454
set ctsrts off
set timeout 0
enable tcpmssfix
disable deflate
disable pred1
set log Phase Chat IPCP CCP tun command
add default HISADDR
accept CHAP

pppoe:
set authname xxxx@xxx.ocn.ne.jp
set authkey xxxxxxx

***********************************
このファイルのipアドレスと8ip契約以外でしたらnetamaskの部分変更してください。

#ppp.linkup
#/etc/ppp/ppp.linkup
pppoe:
! ifconfig tun0 delete
! ifconfig tun0 61.199.237.145 netmask 255.255.255.248 HISADDR
add! default HISADDR


PPPoEの自動起動
/etc/rc.confに次の行を追加

ppp_enable="YES"
ppp_mode="ddial"
ppp_profile="pppoe"
ppp_nat="NO"
Advertisement Expand/Fold